合宿免許と訓練給付金

資格については就職する上でも大事なものであり、ぜひとも取得したいものとなっています。
免許についてもその1つであり、特に地方では運転免許は必須アイテムです。
免許がなくては就職試験も合格できないといった地域も少なくありません。
運転免許ですが、費用についても高額のためどうやって費用を捻出するか考えなくてはなりません。


最近や親世代が裕福なので、子供のために運転免許の費用を出してあげるというのが一般的です。
そのために30万円ほど確保している家庭も多いことでしょう。
子供のために出してあげることができる家庭についてはそんなに問題ないかもしれませんが、これが自分でためるとなると容易でないことは想像がつきます。


そこで活用したいのが訓練給付金です。
実は運転免許取得でも訓練給付金は活用することが可能なのです。
しかしこの制度について知らない人も少なくなく、活用していない人が多く見られます。
訓練給付金ですが、雇用保険の給付制度となっています。
そのため労働者や離職者であったことが条件となります。
仕事をした経験がない人やアルバイトしか経験がない人は対象にならない可能性が高いです。
ルールとしては厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了したことが条件となっており、無事修了した人は支払った経費の一部を雇用保険から受け取ることが可能になるとわけです。
合宿免許については訓練給付金を利用することが可能なケースがあるため、ぜひとも役立てたい制度の1つです。
お金は大事です。


●外部リンク
普通自動車免許の合宿免許教習所情報を案内しているサイトです > 合宿免許案内サイト